お問い合わせ・ 予約受付 087-889-4970
院長写真
院長 中溝 寛之 Nakamizo Hiroyuki 関節外科やスポーツ整形外科の
知識と経験を生かしリハビリを中心とした
医療を提供いたします。

皆様,このたびは高松南整形外科スポーツクリニックのホームページをご覧いただきありがとうございます。院長の中溝寛之です。専門は肩関節を中心とした関節外科であり,スポーツでは特に野球を代表とする投球動作の繰り返しにより肩や肘を傷めた患者様の治療に携わってまいりました。
レントゲンやMRIを撮っても異常がないのに痛みがある,そのような患者様の中には構造は悪くないのに「上手に体が使えない」ために最終的な痛みが肩に生じている方もいるのです。そのような患者様に対してはリハビリテーションが非常に重要です。しかし病院の診療では診察時間の都合で外来やリハビリテーションに思うように時間が取れないこともしばしば経験いたしました。
当院ではわたくしがこれまで行ってきた関節外科やスポーツ整形外科の知識と経験を生かして運動器リハビリテーションを中心とした医療を提供いたします。もちろん老若男女全ての方を対象としており慢性的な膝痛や腰痛などにも対応させていただきます。受付終了時間はやや遅めに設定して学生の方やお仕事帰りの方の診療にもできるだけ対応させていただきます。
また当院では牽引や電気治療器といったいわゆる物理療法機器をほとんど置いておりません。これは,体をうまく使うための訓練,すなわち運動器リハビリテーションを中心に治療したいとの考えからです。リハビリスタッフが患者様の状態を確認し,その方に合ったプログラムを作成して訓練を行ってまいります。令和2年度はスタッフを増員し,これまでより多くの方々に訓練を提供できるよう努めて参ります。 また,障害予防への取り組みとして小・中学生を主に対象とした野球肘検診を行っております。レントゲンで変化が出る前にすでに肘が傷んでいることが多いため,エコーによるチェックとスタッフによる体の動きのチェック・トレーニングのアドバイスを行っています。検診は予約制ですので興味がある方は是非お問い合わせください。
クリニックではいわゆる保存治療が中心となりますが,患者様の中には手術でしか現状を回復させられない方もおられます。そのような場合には近隣の病院様と提携して患者様を紹介させていただき,治療のお手伝いをさせていただきたいと考えております。
最後にわたくしどもは「あのクリニックがいいよ」と受診を勧めていただけるようなクリニックを目指しております。また職員自身の大切な方に対しても自信を持って受診を勧められるようなクリニックにしたいと考えています。至らぬ部分もあるとは存じますが,わたくしをはじめ職員一同地域の医療のために尽力する所存でございます。お困りの方は是非お越しください。

施工写真 施工写真
経歴
1996年香川医科大学(現香川大学)医学部卒業
1996年香川大学整形外科入局
1999年竜操整形外科病院
2002年信原病院・バイオメカニクス研究所
2007年香川県済生会病院 整形外科部長
2019年高松南整形外科スポーツクリニック 開設
所属団体
日本整形外科学会
日本肩関節学会
JOSKAS (日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
日本整形外科スポーツ医学会など
資格
医学博士(2008年)
日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医、運動器リハビリテーション医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
プライバシーポリシー 高松南整形外科スポーツクリニック All Rights Reserved.