お問い合わせ・ 予約受付 087-889-4970
PFC-FD療法とは
PFC-FD療法とは

PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)療法とは、患者様自身の血液に含まれる血小板(ケガをしたときに血を止める細胞)を利用した再生医療です。血液を分離させたときに血小板にはたくさんの成長因子が含まれています。それを患部に注入することでご自身の修復機能を促進して組織の治癒や痛みの軽減を目指す治療です。
最近ではメジャーリーガーなどプロスポーツ選手のケガの治療にPRP療法が行われ話題になりました。また一般の方への変形性関節症・腱や筋肉の損傷などに対する治療法としても注目されています。
当院で行う治療は患者様の血液を採取してPRPを抽出し、さらにPFC-FD(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥)に加工したものを患部に注射するものです。加工は厚生労働省の認可を受けた再生医療センターに委託しています。従来のPRPにくらべて成長因子が2倍程度多く含まれるといわれています。主に変形性関節症により長期間続く痛みに有効(約6割の変形性膝関節症の患者様に有効で痛みの改善が報告されています。)とされていますが、筋肉や腱の付着部、靭帯などの痛みにも効果が期待されています。詳しくは医師にお尋ねください。

主な対象疾患
  • 変形性関節症
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • アキレス腱炎
  • 足底筋膜炎
  • 靭帯損傷
  • ジャンパー膝
治療の流れ
診察、採血
01/ 診察、採血初診日に診察、採血(通常49ml、両膝の場合には89ml採取します)を行います。
診察、採血
02/ 再生医療センターで加工(3週後に完成)※この段階で感染症などの理由により治療ができない患者様がおられます。その際には診察・検査料のみのお支払いとなります。
※採取した血液の具合により感染症の検査ができなかた場合には、再度検査用の採血をお願いすることがあります。
診察、採血
03/ 注射1回分の採血で2本のPFC-FDが作成されます。膝のような大きな関節には1つの関節対して2本分を注射します。
肘のような小さな関節あるいは腱の付着部の場合には2回に分けて注射を行う場合があります。
(注射の当日は激しい運動をひかえていただきます。3-4週後から必要に応じてリハビリを開始します。)
PFC-FD療法の利点
自分の血液がもとになるのでアレルギー反応の可能性が低い
従来のPRP療法に比べると痛みが少ない
含まれる成長因子の量が多い
フリーズドライのため、6ヵ月間保存可能
専門の業者が加工を行うため、一定の品質が保たれる
PFC-FD療法の欠点
感染症(B型肝炎・C型肝炎、梅毒、HIV、ヒトT細胞白血病)をお持ちの方は加工ができません
保険外診療のため費用がかかる(当日投薬や画像検査があれば、それも自費となります)

PFC-FD療法の費用

採血・検査
:¥15,000(税別)
加工
:¥150,000(税別)
両膝同時の場合は¥270,000(税別)
注射
:¥3,000(税別)
(2カ所に行う場合も同じです)
プライバシーポリシー 高松南整形外科スポーツクリニック All Rights Reserved.